本文へスキップ

医療法人 橋本病院は、和歌山市の消化器外科・外科・整形外科・内科の救急告示病院です。

TEL. 073-426-3388

〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31

CVポートのご案内

医療関係者・在宅医療の医師の方、点滴ルート確保に困っていませんか?

■簡単、確実な穿刺 1回で確実に穿刺できるので、点滴を始めるまでに何度も刺し直しをされることが無くなり治療をする意欲が持続します。

■点滴をしていないとき 埋め込み前とかわらない普段通り生活を送ることができます。 お風呂に入ることもできますし、スポーツをすることもできます。 両腕を動かすことができるので、薬液投与中に本を読むこともできます。

■自宅での治療が可能 体内に埋め込んでいるので、自宅で治療を行うことが可能となります。 針の抜き刺しもご自身で行うことも可能です。

橋本式カテーテルロック—中心静脈栄養や抗がん剤治療—

中心静脈栄養や抗がん剤治療では、従来は腕への点滴が中心で、血管が収縮して針が入りにくく、患者さんにとってつらい治療になることがありました。当院では皮下埋め込み型ポートと言われるCVポートを主に胸元に埋め込む小手術を昨年は120件施行し、今年度は150件程の見込みとなっています。
CVポートは100円玉くらいの本体とチューブからなり、これらを鎖骨から胸の辺りの皮膚の下に留置しますが、細かい作業のため手技が難しく、特に本体を入れる際に手元から落ちることもあります。

そこで医療機器メーカーに依頼し製品化したのが「橋本式カテーテルロック」、特許取得も済んでいます。
この「橋本式カテーテルロック」を使い手術時間の短縮と患者さんの負担の軽減を図ります。

これまでに116本製造され全国の医療機関様でご利用頂いています。
※国公立大学附属病院、私立大学附属病院、公立医療センター、がんセンター
 各府県の市立病院、民間病院など


新たな技術の発信も当院ならではの強みになっています。



【橋本式カテーテルロック】





【特許証】



CVポート紹介
動画ダウンロード
CVポートご案内(PDF)
【医療関係者向け】在宅医療の医師の方へ

  






キャップ、マスク、滅菌ガウン、滅菌グローブを使用
  

当院では、クラス1000の手術室でマキシマル・バリアプリコーション (高度無菌遮断予防策)を実施し、挿入時の感染症を予防。 エコー下、X線透視下で挿入確認を行い合併症軽減に 努めており、数多くの症例経験がございます。 日帰り、または、1泊入院も可能です。 詳しくは当院外科までご相談ください。

お問い合わせ

お電話、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。


〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31



バナースペース

医療法人 橋本病院

〒641-0041
和歌山市堀止南ノ丁4-31

TEL 073-426-3388(代)
FAX 073-424-7953